What kind of research can we do?

どんな災害調査ができる?

火災

地震や噴火を起因とする火災は補償対象外となります。 (これらは地震保険の適用範囲) 建物の補償範囲は住宅や店舗、工場などが挙げられます。

震災

火災保険では補償されない、地震・噴火、またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没や流失によって受けた損害を補償する保険です。

風災

台風や暴風、竜巻、突風など、強い風によって引き起こされる災害です。具体的には、建物の屋根、雨樋・外壁・窓ガラス・カーポート・門扉・フェンスなどが損壊した際に、「風災による損害」として損保会社より保険金が下ります。

水災

台風や豪雨などによる洪水・高潮・土砂崩れなどによる災害です。都市部では、排水が追い付かずにマンホールや側溝から雨水があふれ、床上浸水になる被害例もみられます。洪水は融雪によって引き起こされるケースもございますし、土石流も補償の範囲となります。

雪災

積雪の重みによって、”雨樋が湾曲した”や”TVアンテナ、カーポートが損壊した”など豪雪地域では雪崩によって家屋が倒壊したなどの災害です。また、大粒の雹によって屋根瓦や窓ガラスが割れたり、ベランダの床材が破損した等も、火災保険の対象になります。

落雷

落雷による損害も身近な被災事故の一つです。例えば、”屋根に穴が空いた”や”火災が発生した”という損害が発生することがあります。また、落雷によってテレビやパソコン、電話機などの電化製品 (家財) が故障被害を受ける例も対象です。

災害が起きたときこんな悩みありませんか?

災害リサーチの”さいりくん”

What is Strong Suits

当機構の強み

ポイント1

専門家による調査

当機構には自然災害鑑定士が在籍しており災害の知識、損害箇所の知識など様々な災害に対する専門家として詳しくお調べすることができ皆様に正しい情報を伝えることができます。もちろん費用はかかりません!

ポイント2

24時間対応サポート

当機構は急な災害・損害に対応するべく24時間365日全国のどんな地域の方でもご相談できる体制を整えております。1人でも多くの方に安心していただける機構を心がけております。

ポイント3

300以上の実績

建物や保険に関する専門知識がない方と、ある方では火災保険の申請をした際、損害の認定率に大きな差が出てしまいます。当機構にご相談頂ければ、建物の調査、保険会社への連絡の仕方、申請書類の書き方など、火災保険の申請に必要な手続きを最初から最後までしっかりとサポートいたします。

他にもこんな良さが!

火災保険には

申請期限があるってほんと??

あまり知られていませんが、火災保険の被害申請には3年の期限があり、被害から3年を経過してしまうとその損壊箇所の保険金は受け取れなくなってしまいます。

火災保険の被害申請には3年の期限があり、被害から3年を経過してしまうとその損壊箇所の保険金は受け取れなくなってしまいます。

受け取れるはずの保険金を無駄にしないために、気になったらまずはご相談下さい。火災保険の申請は、被害原因を申請者側で明確にして書類作成をしなければならないため、一般の方には難しい作業を火災保険申請コンサルタントがプロの技術と知識で完全サポートします!

お気軽にご相談ください

災害によるご自宅などの建物の損害のご相談はお気軽に 一般社団法人 災害リサーチ機構 にお問い合わせください!皆様のお力になれることが私たちの使命です。

    ACCESS

    アクセス

    一般社団法人 災害リサーチ機構

    Tel:092-401-3611

    福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-35

    ヴォーグ舞鶴5F

    地下鉄空港線「天神駅」徒歩5分

    一般社団法人 災害リサーチ機構

    Tel:092-401-3611

    福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-35

    ヴォーグ舞鶴5F

    地下鉄空港線「天神駅」徒歩5分